21世紀のアフリカにおける求められるスキル

21世紀のアフリカにおける求められるスキル   世界で最も若い10か国があるサブサハラアフリカ(SSA)は、国際社会から、「21世紀の最大のフロンティア」と見なされ、注目されています。アフリカ大陸は、人口と面積続きを読む

SKY[Skills and Knowledge for Youth] ホーム 21世紀のアフリカにおける求められるスキル

21世紀のアフリカにおける求められるスキル

 

世界で最も若い10か国があるサブサハラアフリカ(SSA)は、国際社会から、「21世紀の最大のフロンティア」と見なされ、注目されています。アフリカ大陸は、人口と面積の両方で世界で2番目に大きく、労働年齢人口の増加が著しく、繁栄に寄与しています。しかし、この地域の労働力は依然と未熟であり、経済発展の足かせとなっていると指摘されています。

貧困削減および教育へのアクセスの増加など、過去20年間でSSA諸国は著しい成長を記録しています。初等および中等教育の修了率は大幅に改善され、いくつかの国で高等教育へのアクセスが拡大し始め、教育に対する公的支出が増加しました。このように SSA諸国は、スキル構築に多額の投資を行ってきました。一方で、学校の子どもたちの学習成果は依然として低く、不登校の生徒の数もまだ高いままです。これらは、基礎的認知スキル、識字能力、および計算能力において子供、若者、大人のすべての段階で大きな格差を生み続けており、ジェンダーによる格差も存在します。認知スキルが不足しているだけでなく、社会的感情スキルや技術的スキルなどにおいてもギャップが指摘されています。

アフリカ諸国でのスキル構築推進していくことは可能ですが、そのためにはシステム全体を変更させる必要があります。スキル構築におけるレレバンス、効率性、公平なアクセス、質を担保するために、それに伴う様々なトレードオフに耐える強靭さが必要となります。SSAは、外国直接投資(FDI)と外国援助の大部分を受け取り、先進国と多様な開発のためのパートナーシップを締結しています。そのような中で、どうすればSSA諸国が本当に「21世紀の最大のフロンティア」となるのか、ということが現在問われています。

(Adefolake Adeniyi)

References:
Arias, O., Evans, D. K., & Santos, I. (2019). The Skills Balancing Act in Sub-Saharan Africa: Investing in Skills for Productivity, Inclusivity, and Adaptability. Africa Development Forum. International Bank for Reconstruction and Development / The World Bank, Washington, D.C.
The Government of Japan (2019). Africa – The “Biggest frontier of the 21st century”. Retrieved from https://www.japan.go.jp/japaninafrica/