金融包摂とモバイルマネー

金融包摂とモバイルマネー    金融包摂という言葉が2000年ころからよく聞かれるようになり、その概念がSDGsにも組み込まれています。世界銀行によると、金融包摂とは、「全ての人々が、経済活動のチャンスを捉えるため、また続きを読む

SKY[Skills and Knowledge for Youth] ホーム 金融包摂とモバイルマネー

金融包摂とモバイルマネー

 

 金融包摂という言葉が2000年ころからよく聞かれるようになり、その概念がSDGsにも組み込まれています。世界銀行によると、金融包摂とは、「全ての人々が、経済活動のチャンスを捉えるため、また経済的に不安定な状況を軽減するために必要とされる金融サービスにアクセスでき、またはそれを利用できる状況」と定義されています。

 これまで、途上国の貧困層の多くは銀行口座を持たず、地元の金貸しや個人間の貸借り、貯蓄グループなどインフォーマルな金融手段に依存していました。このようなインフォーマルな金融手段は、必ずしも金利が高いというわけではありませんが、取引コスト(金利の他、貸し借りのための移動手段に係る費用や送金費用、お金を得るまでの日数、お金を得るための交渉コスト)が高く、必要な時に必要な金額を調達することが出来ませんでした。

 モバイルマネーは、取引コストを大幅に下げることに成功し、世界中の金融包摂を一気に押し上げました。モバイル口座を保有している成人の割合は、2011年の51%から2014年には62%、2017年には69%(38億人)に達しました。(世界銀行, 2017)

 それに伴い、途上国の金融取引の形態も著しく変化しました。例えば、ケニアではモバイルマネーの普及によりこれまでの社会的金融ネットワーク(付払い、賃金の前借、バスや友人による送金、貯蓄グループ等)が急速に減少し、モバイルマネーによる送金が著しく増えました(Mbiti & Weil, 2011; Isamilov, et al., 2019)(送金が家族や友人間であることを考えると、取引自体はインフォーマルと言えるかもしれません)。またモバイルマネーの利用により、個人レベルでのリスクへのレジリエンスが向上し、収入や気候による悪影響のもとでも消費が減少しなかったことを示す研究も多数あります(Jack & Suri, 2014; Abiona & Koppensteiner, 2018; Riley, 2019; Batista & Vicente, 2019)。そのほか、直近のコロナの影響においては、モバイルマネーによる募金活動や低所得者への金融支援を行っているグループもあり、貧困層が更なる貧困に陥らないための手助けとなっています(Mugema, 2020)。

 しかしながら、モバイルマネーは全ての人に新たな金融手段をもたらしたわけではありません。多くの貧困層が金融サービスにアクセスできるようになった一方、依然アクセスを持たないのは、最貧困層で、学歴が無く、女性であることも示されています(Dubus & Hove, 2017)。

 モバイルマネーの出現により金融包摂が急速に進んだことは事実ですが、金融サービスにアクセスできない人もまだまだおり、SDGsの1.4「2030年までに全ての人に金融サービスを確保する」にはもう少し時間がかかるようです。

(水谷文)

参考文献

Abiona, O., & Koppensteiner, M. F. 2018. “Financial Inclusion, Shocks, and Poverty: Evidence from the Expansion of Mobile Money in Tanzania.” IZA Discussion Paper Series. IZA DP No. 11928.
Batista, C., & Vicente, P. C. 2018. “Is Mobile Money Changing Rural Africa? Evidence from a Field Experiment.” NOVAFRICA Working Paper Series wp1805.
Dubus, A., & van Hove, L. 2017. “M-PESA and financial inclusion in Kenya: Of paying comes saving?” Sustainability 2019. 11(3). 568.
Ismailov, A., Kimaro, A. B., & Naito, H. 2019. “The Effect of Mobile Money Usage on Borrowing, Saving, and Receiving Remittances: Evidence from Tanzania.” Tsukuba Economics Working Papers 2019-002. Economics, Graduate School of Humanities and Social Sciences, University of Tsukuba.
Jack, W., & Suri, T. 2014. “Risk Sharing and Transactions Costs: Evidence from Kenya’s Mobile
Money Revolution.” The American Economic Review. 104(1): 46.
Mbiti, I., & Weil, D. N. 2011. “Mobile Banking: The Impact of M-Pesa in Kenya.” NBER Working Papers 17129. National Bureau of Economic Research, Inc.
Mugema, M. 2017. “Mobile Money and COVID-19: What can we learn from East Africa?” Medium. Retrieved from https://medium.com/@acclabs/mobile-money-and-covid-19-what-can-we-learn-from-east-africa-5df456ca907b
Riley, E. 2018. “Mobile money and risk-sharing against village shocks.” Journal of Development Economics. 135: 43-58.
World bank. 2017. “The Global Findex Database 2017. Measuring Financial Inclusion and the Fintech Revolution”
World Bank. (2020, 09, 25) “Financial Inclusion: Financial inclusion is a key enable to reducing poverty and boosting prosperity” Retrieved from https://www.worldbank.org/en/topic/financialinclusion